ハイヤーのサービス内容と利用法

ハイヤーには多くの感動が詰まっています。しかし、そのサービスはあまりよく知られていません。サービスの内容をより詳しく知ることで、身近なものとして感じることができるようになります。まずはハイヤーの特徴を知っておきましょう。

基本的には、完全な予約制となっています。同様のものにタクシーがありますが、タクシーの基本は流しであり、根本的な相違が見られます。ハイヤーはまた、乗り心地が快適なことを重要視しています。そのために高級車が多く、中にはリムジンなどの外車が使われていることも珍しくはありません。乗客に対し最大限の敬意を表する意味で、乗り降りはわざわざ運転手が降りてきてドアを開けてくれるのも特徴の一つです。このように丁寧な接客をするために、会社などでは重役の出勤手段として利用することが多くなっています。料金体系も異なります。タクシーはメーター制ですが、ハイヤーの方は、メーターがついていてもそれを使うことはありません。営業所を出て戻ってくるまでの距離が料金に反映されます。

ハイヤーには二つの種類があります。都市型ハイヤーとその他のハイヤーです。都市型とはその名前の通り、都市の一定地域でのみ運行が可能です。従来はハイヤーの新規参入や増車が禁止されていました。しかし、円安などで観光客が増加し、タクシーやハイヤーの不足が社会問題化してきたのです。そこで、車両不足になっている特定地域などで、2時間以上の専属契約などの条件を満たせば新規参入が許されることになりました。これを都市型と呼んでいます。また、その他のハイヤーというのは、都市型以外のハイヤーを指し、2時間未満の利用となります。移動のため短時間の乗車で済み、ほぼ毎日利用される重役の送迎では、その他のハイヤーが使われることが多くなります。客層に関して言うと、都市型とタクシーは競合することがありません。そのために新規の許可を取ることができます。しかし、その他のハイヤーの場合はタクシーと競合することが多く、新規の許可がなかなか認められません。

主なサービス内容としては、完全予約制のために時間通りに家まで迎えに来てくれます。当然のことながら、目的地にも時間通りに到着します。また、運転手が新人で道をよく知らないといったことがありません。その上、運転技術においても優れており、利用者を不安にさせるようなことはほとんどありません。さらに丁寧な接客をしてくれるので、利用者の満足感が大きくなります。大きな荷物などがある場合、タクシーなら自分で上げ下ろしをしなければなりませんが、ハイヤーならすべて運転手が行ってくれます。観光地で利用した場合には、観光案内もしてもらえます。その土地の名所旧跡巡りだけではなく、名品紹介やグルメスポットの案内などもお願いできます。そして運転手は様々な心遣いで迎えてくれます。例えば、久しぶりに海外から帰国した人に新茶を出したり、誕生日に利用した人にシャンパンを提供したりなどのサービスを行っているところもあります。

ハイヤーの利用法としてはいろいろなケースが考えられます。役員の送迎だけではなく、海外からのお客様のお出迎えでも喜ばれやすくなります。接待ゴルフでの送迎でもよく使われます。他にも冠婚葬祭の際に利用するのも良いでしょう。格式が一段とアップします。その他、観光に利用したり、大切なお客様の送迎にも使えたりします。なお、運転手の中には外国語に堪能な人もいます。例としてアメリカから賓客をお迎えしたときに、英語のできる運転手を指名すれば、言葉の心配をすることなく観光などの案内をすることができます。このように、利用法は多数挙げられます。

NEW TOPICS

2020年09月24日
ホームページを更新しました。