ハイヤーの特徴と幅広い活用シーン

ハイヤーは、個別輸送機関として、ビジネスシーンでの利用として多く利用されています。車種については高級車が多く、海外VIPの送迎、役員の移動手段、官公庁への訪問に使用されるなど、重要な場面での役割を担っています。運転手もその場に適した能力をもつ方が採用されている場合が多いです。ビジネスに必要なマナーやルールのほかに、国際的な感覚や英会話に優れているため、海外の主要な方が乗車しても、コミュニケーションに困ることなく安心です。

海外からゲストをお迎えするシーンであれば、空港からの送迎などにも適した乗り物でしょう。フライト時間に変動が出る場合でも、しっかりと時刻を確認して遅延にも合わせた送り迎えを可能としています。お迎えだと分かりやすいように、名前ボードを掲げ到着ロビーで待つなどの工夫が施されたサービスを行っています。

ハイヤーの利用の方法には、企業や利用者がハイヤーの会社と事前に契約をするシステムです。車両指定以外にもドライバーを指定することもでき、役員や来賓用の社用車と同じように運転してもらうことができます。通勤手段として用いる契約であれば、駐車場での待機などもお願いできるため、柔軟な対応が叶います。また、大型の車両の用意もあることから、ゴルフ場への移動や会合への大人数での移動手段としても便利です。メーターや余計な装飾をつけていない真っ黒な高級車は、上品さを兼ね備えています。

最近では、個人向けでもさまざまな用途に対応できるようなサービスも出てきました。特に観光ツアー用のハイヤーは注目されていて、首都圏内に点々とあるスポットを回るには好都合です。公共機関だと徒歩の時間が長くなってしまったり、次の移動まで待ち時間が発生してしまうなどのロスが起こってしまうことも想定されます。ハイヤーなら行きたいところにスムーズに移動できる上、施設の出入り口での乗降が可能ですから、楽に移動ができるのが魅力です。車両のサイズはバンタイプもあり、ちょっとしたグループでの利用にもおすすめです。

また、女子会やお誕生日会などでも気軽に活用でき、思い出作りにも活躍してくれます。運転手がサプライズをサポートするプランナーの役目も果たしている会社もあるので、どのように相手を喜ばせるか相談に乗り、理想を形にするお手伝いをお願いできます。ハイヤーの利用方法は実にいろいろで幅が広がっていますから、まずは実際に体験してみると良いでしょう。